スポーツとアイシング|膝サポーターCOM

スポーツとアイシング

スポーツをすると、筋肉は炎症を起こし、熱を持った状態となります。

 

筋組織はダメージを受けた状態になっていますから、これを早急に元に戻すために必要となってくるのが【アイシング】です。

 

筋肉の疲労回復を早くするために、アイシングが重要です。

 

自然に熱が取れるのを待つよりも、短期間で熱を取ってあげるアイシングをすることで、身体の負担を軽くすることができ、ダメージを受ける時間を短くすることができます。

 

スポーツをした後のアイシングの方法としては、保冷剤を使うか、バッグに氷を入れて、熱を持っている部分に当てます。

 

ただ当てるよりも、マッサージをするように冷やすと効果的です。

 

20分程度のアイシングを、時間をあけて2、3回ほど繰り返します。

 

入浴後は、消炎鎮痛剤などを使って筋肉を冷やしましょう。

 

スポーツ後のアイシングや、けがをしたときのアイシングは、急な炎症が起きたときの対策法ですが、慢性的な痛みや疾患のときには、逆に温めると鎮痛の効果が得られます。

 

けがをしたときのアイシングの方法は、患部の感覚がなくなるまでアイシングをします。

 

時間は1回20分程度で、これを何度も繰り返します。

 

けがをしてからすぐに対処することが肝心です。

 

肩や上腕部分のアイシングに最適なサポーターもありますから、ぜひ活用してみましょう。

 

スポーツサポーター各種あります

ザムスト(ZAMST) ZK-3 ザムスト(ZAMST) ZK-7 ザムスト(ZAMST) JK-1

ザムスト(ZAMST) JK-2 ザムスト(ZAMST) SK-1 ザムスト(ZAMST) SK-3

ザムスト(ZAMST) MK-1 ザムスト(ZAMST) MK-3 ザムスト(ZAMST) RK-1