【サポーター】準備運動の必要性|膝サポーターCOM

準備運動の必要性

どんなスポーツをするときであっても、欠かせないものが準備運動です。

 

 

準備運動をすることで、スポーツを安全におこなえるかどうかに違いが出ます。

 

 

準備運動をするときにはリラックスした状態で、無理のない範囲でおこなうことが大事なポイントです。

 

 

毎日スポーツをしている人であっても、準備運動をせずにスポーツをすぐに始めてしまうと、捻挫や骨折、アキレス腱の断裂といった障害を引き起こします。

 

 

けがをしやすい部分というのは、よく使っている部分です。

 

 

酷使していると、それだけ障害が起きやすくなりますから、筋肉をベストな状態にしてスポーツを始めることのできる準備運動は、必要不可欠なものとなっています。

 

 

安全にスポーツをおこなうために、準備運動の重要性を認識しておきましょう。

 

 

準備運動をするときには、呼吸を止めずに、できるところまで筋肉を動かします。

 

 

関節を伸ばして痛いと感じたら、それ以上は伸びないようにしましょう。

 

 

反動をつけて動かすと、けがのリスクが大きくなりますから、自然な状態で動かします。

 

 

スポーツ種目によって、それぞれ適した準備運動が異なります。

 

 

これは、動かす筋肉、よく動かす部位が異なるためです。

 

 

準備運動の目的は、けがをしないようにするためのものですから、他人のペースに合わせるのではなく、自分の身体の調子を確認しながら、準備運動をしましょう。

 

 

 

トップアスリートも使う膝サポーター

ザムスト(ZAMST) ZK-3 ザムスト(ZAMST) ZK-7 ザムスト(ZAMST) JK-1

ザムスト(ZAMST) JK-2 ザムスト(ZAMST) SK-1 ザムスト(ZAMST) SK-3

ザムスト(ZAMST) MK-1 ザムスト(ZAMST) MK-3 ザムスト(ZAMST) RK-1