【膝サポーター】スポーツ障害/成長痛オスグッド病|膝サポーターCOM

膝下の障害・オスグッド病

【オスグッド病】は、膝下に強い痛みを感じることが特徴のスポーツ障害で、サッカーやバレーボール、バスケットボールをしている子どもに多く見られます。

 

 

痛みを感じるほか、左右で脚の長さが違う、うつぶせやあお向けになって脚を開いたときに、足首からの下の開き具合が違うといった症状が確認できます。

 

 

オスグッド病の原因となっているのは、スポーツでのオーバーユースのほか、身体に柔軟性がないこと、身体のバランスが悪いこと、ストレッチ不足といったものです。

 

 

オスグッド病になる子どもの特徴としては、身体の左右のバランスが悪いこと、つまり、身体に歪みが生じていることが挙げられます。

 

 

身体に歪みが生じているために、筋肉のつきかたや動かし方に偏りがあり、これが膝下部分のずれや痛みの原因となってしまうのです。

 

 

スポーツをしていることで、大きな負荷が膝下にかかり、炎症が起きたり、軟骨が剥離し、オスグッド病を発症することにつながります。

 

 

治療としては、身体の歪みを治し、ストレッチで身体をほぐしていきます。

 

 

成長期は成長痛が生じることがありますが、スポーツをすることでさらに痛みが強くなり、フォーム次第では身体のバランスが悪くなる結果になります。

 

 

これを解消し、オスグッド病の予防と治療のためには、整体やカイロなどで歪みを解消することが必要です。

 

 

成長痛のひとつとも言えるオスグッド病は、腱や筋の成長が骨の成長に追い付くことで自然に痛みが治まりますが、骨の成長が止まり、大人になっても痛みが解消できない場合もあります。

 

 

スポーツサポーター各種あります

ザムスト(ZAMST) ZK-3 ザムスト(ZAMST) ZK-7 ザムスト(ZAMST) JK-1

ザムスト(ZAMST) JK-2 ザムスト(ZAMST) SK-1 ザムスト(ZAMST) SK-3

ザムスト(ZAMST) MK-1 ザムスト(ZAMST) MK-3 ザムスト(ZAMST) RK-1