膝や足の関節に多い靭帯損傷|膝サポーターCOM

膝や足の関節に多い靭帯損傷

靱帯は骨と骨をつなぐ役割を持っており、スポーツをするうえではとても重要な役目を担っています。

 

 

靱帯は丈夫な器官ですが、伸縮を何度も繰り返したり、脱臼に伴って損傷を受けるリスクが大きくなります。

 

 

スポーツによって損傷する靱帯としては、肘の靱帯、足関節の靱帯、膝の十字靱帯、膝の側副靱帯が多いものとなっており、ジャンプやダッシュ、ひねりなどで損傷します。

 

 

【靱帯損傷】の程度が軽いと、痛みも軽く、腫れや炎症なども強くありませんが、部分断裂や靱帯断裂が生じていると、皮下出血や強い痛み、腫れなどを確認することができ、症状に合わせて適切な処置をしなければなりません。

 

 

重度になると歩行が困難になることもあります。

 

 

重症でない限り、靱帯損傷の治療としてはギプスで固定する保存療法が取られ、鍼灸治療、電気治療、リハビリといった治療法もあります。

 

 

損傷した靱帯の場所次第では、治った後も不安定な状態が続き、痛みも残ることがあり、この場合には手術で治すことになります。

 

 

靱帯損傷の原因となったスポーツや、損傷した靱帯の場所によって、適切なリハビリや治療法が異なります。

 

 

防ぐためには、運動後にしっかり筋肉を冷やすことが肝心です。

 

 

膝や足関節の靱帯損傷が多く見られますから、負担をかけないためにも、体重のコントロールも求められます。

 

 

スポーツサポーター各種あります

ザムスト(ZAMST) ZK-3 ザムスト(ZAMST) ZK-7 ザムスト(ZAMST) JK-1

ザムスト(ZAMST) JK-2 ザムスト(ZAMST) SK-1 ザムスト(ZAMST) SK-3

ザムスト(ZAMST) MK-1 ザムスト(ZAMST) MK-3 ザムスト(ZAMST) RK-1