【半月板損傷サポーター】スポーツだけじゃない半月板損傷とは|膝サポーターCOM

膝をひねることで起きる半月板損傷

【半月板損傷】は、スキーや野球、バスケット、柔道など、あらゆるスポーツで起きうるスポーツ障害として知られています。

 

 

しかし、半月板損傷はスポーツだけでなく誰にでも起きる可能性はあります。

 

 

年齢や運動不足、肥満などが原因で軟骨が減少し、半月板が弱くなって緩衝材としての役割を果たせなくなってしまっている方は日常生活の中でも膝に負荷が掛ることで半月板を損傷してしまう場合があります。

 

 

半月板は膝の外側と内側にあり、円形状の軟骨で、膝関節を動かすための重要な役割を持っています。

 

 

スポーツで半月板を損傷する場合には、内側の半月板損傷が多いことが特徴で、これは、外側よりも内側のほうが、可動性のないことが原因となっています。

 

ターンや走っているときの着地、関節技などで膝をひねってしまうと、損傷する原因となります。

 

 

半月板を損傷しても痛みを感じにくいため、症状が進行してから気がつく場合が多いものとなっています。

 

 

損傷していることに気がつかず、治療をしないと、やがて半月板が膝関節に入り込んで痛みが増し、膝の可動性が制限され、歩行困難や音が鳴る、膝に水がたまるといった症状が現れます。

 

 

そのまま治療を開始せずにいると、膝前十字靱帯損傷・断裂や、膝内側・外側側副靱帯損傷などを合併してしまうほか、手術が必要になってしまいます。

 

 

半月板損傷の兆候が見られたら、すぐに応急処置を施しましょう。

 

 

治療としておこなわれているのは、ギプスによる固定や、損傷部の切除もしくは縫合、内視鏡を使っての手術です。

 

 

ほとんどの場合で、テーピングやギプスで固定をする保存療法が取られていますが、難しい場合には手術をせざるをえません。

 

 

半月板損傷を予防するためには、太ももの内側と外側を鍛えておく方法が有効です。

 

 

スポーツサポーター各種あります

ザムスト(ZAMST) ZK-3 ザムスト(ZAMST) ZK-7 ザムスト(ZAMST) JK-1

ザムスト(ZAMST) JK-2 ザムスト(ZAMST) SK-1 ザムスト(ZAMST) SK-3

ザムスト(ZAMST) MK-1 ザムスト(ZAMST) MK-3 ザムスト(ZAMST) RK-1